株式会社財産ネットワークス京都

「個人の財産」と「企業の価値」の保全を支援する総合財産コンサルティング会社です

事業承継の完了の視点

経営者に、万が一不足の事態が起こっても、経営に支障が出ない状況を作り上げること

  1. 後継者が決まっていること
  2. 後継者に経営権(持株比率が67%以上)が継承されていること
  3. 事業用資産が後継者に継承されるように、相続対策が取られていること(遺留分対策)
  4. 後継者に、現社長のスキル・人脈・知識・経営哲学・方針等が承継あるいは、伝えられていること

該当する項目があれば、なるべくはやく対策を立案して実行しましょう(相続・事業承継対策は長い時間を要します)。

お問い合わせ - 初回相談無料- 075-353-5140

お問い合わせ

不動産売買取扱い物件一覧

資料をダウンロード

トラブル事例に学ぶ 事業承継